まず始めたい準備とは

レディ

施術法を確認しよう

スメルハラスメントという言葉が浸透している昨今、自分の体臭にコンプレックスを感じている人も少なくありません。特に独特な強い体臭を放つ「ワキガ」という体質による症状で、かなり悩んでいる人も多いのではないでしょうか。ワキガは脇などに多く存在するアポクリン腺という、汗腺から出た汗で強い体臭になってしまう体質のことを言います。どれだけ体を洗ったり制汗剤を使っても、ワキガ臭が強い人だと体臭がしてしまうので、大きな悩み・コンプレックスになってしまうようです。ただ、ワキガ体質は手術で解消することも可能ですので、悩んでいる人はクリニックに相談すると良いでしょう。ワキガを手術で改善したいという場合、まず始めたい準備がどのような施術法があるか、手術法を確認することです。ワキガの手術には色々な手術法があるので、施術内容や効果などの情報を、まずは集めておく必要があります。できるだけ手術にかかる費用を抑えたいという人には、健康保険が適用される「剪除法」という手術がおすすめです。剪除法は脇の皮膚をメスで切開して裏返し、医師が目視でアポクリン腺を1つ1つ取り除くという施術を行います。腕が確かな医師が施術を行えばワキガの原因となるアポクリン腺を、多く摂り除くことができるので、体臭改善に大きな効果を発揮します。形成外科などで施術を受ける場合は健康保険が適用されるので、約4万円から7亜万円という治療費が平均相場です。また、美容外科であれば自由診療となるものの、傷跡が残り難い最新の手術も行われているので、見た目を気にする人は検討してみてはいかがでしょう。自由診療となる施術には超音波法や、皮下組織吸引法、マイクロレーザー法といった最新手術が挙げられます。これら施術法の特徴を知った上で医師に相談すれば、より自分に合ったワキガ手術を選ぶことができるでしょう。